Re☆Study Learn☆More

大人・社会人だけどイチから勉強やり直しています。

Day 14:アナログ時計、デジタル時計

こんにちは。

おはるです。

 

『幼児のおけいこシリーズ』の『とけいの よみかた (対象年齢5さい)』に挑戦しました!

f:id:restudy_learnmore86:20171127220846j:plain

アナログ時計の読み方からデジタル時計の読み方まで。

f:id:restudy_learnmore86:20171127220942j:plain

時計の読み方は、小さい頃とても苦労した覚えがあります。

小学生の時、「算数セット」というのがあって、おはじきやブロックや計算カードと一緒におもちゃの時計のようなものが入っていました。

学校の授業で「〇時〇〇分に合わせる」といった問題があったのですが、短い針(時針)長い針(分針)とをうまく使い分けることが出来ませんでした。
年を重ねるごとに、出来ること・読めることが当たり前になってしまったのですが、当時は本当に苦手でした。

特に24時制。
なんで時計の針は3時を指しているのに15時と読むのかといったところが不思議でした。

そのため、表示されている数字を読むだけのデジタル時計が好きでした。
今はアナログ時計の方が好きです。

腕時計なんかは、文字もおしゃれです!


そういえば、携帯・スマホの普及からか腕時計をする人が少なくなった気がします

「今何時?」と聞いたとき、服の袖をめくって時計を確認する人よりも、

バッグやポケットからスマホを取り出す人の方が最近多いです。

時代の流れなのかもしれませんが、なんとなく少し残念。
私はほぼ毎日腕時計をつけていますが、逆につけていないと心配になるというか、気持ち悪いくらいです(笑)

f:id:restudy_learnmore86:20171127221051j:plain

さて、今回で対象年齢5歳の問題集は終わりです。

保育園でいうと年中さんくらいまでのやり直しが楽しく出来ました。

次回からは対象年齢6歳です!

頑張ります!