Re☆Study Learn☆More

大人・社会人だけどイチから勉強やり直しています。

夏7日目:繰り上がりのあるひっ算のやり方

こんにちは。

おはるです。

 

今回から『学研版 全科プリント 小学2年』に挑戦します!

f:id:restudy_learnmore86:20171209232453j:plain

小学2年生のRe☆Studyのスタートです。

『学研版 全科プリント 小学1年』と同じく、算数は全36回分、生活は全16回分、国語は全32回分です。

今回挑戦したのは、

算数:1~7/36回

生活:1~3/16回

国語:1~6/32回

f:id:restudy_learnmore86:20171209232512j:plain
算数はひっ算が出てきました。
ここで突然ですが、皆さんは繰り上がりのあるひっ算をするときに、下の画像のどちらのやり方で行いますか?

もしくはどちらのやり方で習いましたか?

f:id:restudy_learnmore86:20171209232402j:plain

私は線上に繰り上がった数字を書く左のやり方です。

以前甥っ子が小学生だった頃にひっ算を教えたことがあったのですが、『やり方が違う』と言われてしまいました。

甥っ子は画像でいうと右の、数字の上に数字を書くやり方を学校で習ったそうです。

気になってネットで調べたところ、どちらのやり方も間違いではないようですが、数字の上に数字を書くやり方は見慣れないとなんとなく不思議な感じです。

 

 


『学研版 全科プリント 小学2年』

算数:19.4/100%

生活:18.7/100%

国語:18.7/100%


次回も『学研版 全科プリント 小学2年』の続きをやる予定です!

f:id:restudy_learnmore86:20171209222152j:plain